先日、滋賀県の湖東にある滋賀麻工業株式会社様にて、工場見学をさせていただきました。

IMG_1291

滋賀麻工業株式会社様は、主に麻生地の織物を中心に、和装・洋装・寝装など様々な事業展開をされています。

もともと、滋賀県の湖東地区は、湿潤な気候ときれいな水が豊富にあることなどから麻の産地として地場産業が発達した場所だそうです。

 

滋賀麻工業株式会社様とお知り合いになったのは、昨年11月に開催されたABCクラフト枚方店さん主催のイベントで、隣のブースだったことがきっかけでした。

その時の様子がこちらです。”第2回「せんいA.B.C~つくる・創る・造る~」に参加してきました。”

 

今回お忙しい中にもかかわらずご厚意をいただき、織物を作っていく工程の工場見学をさせていただきましたので、一部ご紹介をさせていただきます。

 

まずは、どういったデザインの生地を織るかを考えます。

デザインの指示を機械に伝えるパンチカードを作るのがこちらの機械。年代物のタイプライターといった感じですね。

IMG_1287

 

こちらが経糸をそろえる工程。

DSC_0104-1024x681 DSC_0102-1024x681

経糸の順番はすべて決まった配列で整えられます。これをドラム状のものに巻き付けていきます。

気温や湿度などによっても微妙に糸の張り(テンション)が変わり、糸が切れてしまう繊細な作業です。

 

そして、織の工程。(環境によって大きな音が出る可能性があります。ご注意ください。)

少しわかりにくいですが、真ん中で踊っている金属の棒がストンと下に落ちると、糸が切れた合図。

糸が切れた場合は職人さんが一本一本結び直して、再稼働させます。

ガシャンガシャンと音をたてて織り上げていく様は、いくら見ても飽きませんね。

 

滋賀麻工業株式会社様にご協力いただき、春頃にイベントを企画中です。

別途告知させていただきますので、ご期待いただけると嬉しいです。

 

Share

One thought on “滋賀麻工業株式会社を訪問しました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です