よくある質問などにお答えしながら、帽子作成の現場を解説していくQandAコーナー。

今回は表生地の購入先について。

弊社では、表生地に関しては基本的にお客様に御用意をいただいています。

表生地は、帽子のイメージを決める最も重要な要素。

こだわった素材をお使いいただくことで、オリジナル製の高い商品となると思います。

とはいえ、表生地をどこで購入したらよいか分からない、
またどのような素材がよいか分からないという方も多いので、セレクトのヒントを。


ある程度のまとまった個数のご注文の場合は、生地商社を利用するのが良いでしょう。

里村株式会社:http://www.satomura.co.jp/
マスダ株式会社:http://masuda-tx-ap.co.jp/

里村株式会社は、帽子関係のお取引先も多いので、デザインや用途によって最適な生地の提案をいただけると思います。

マスダ株式会社は、合成繊維の布帛・ニット生地 に強みがあるとのこと。


生地・服飾資材の卸販売・問屋サイトのテキスタイルネット様も便利。

テキスタイルネット:https://www.textile-net.jp/


小ロットの場合や追加生産が必要ない場合などは、街の生地屋さんやハギレ屋さんでもよいでしょう。

ユザワヤ は、全国のターミナル駅に良くあり便利。

京都では、ノムラテーラーも有名です。

私どもの工房の御近所に、ハギレ屋さんのウエダ生地 があります。
掘り出し物が見つかるかもしれません。


ネットでも購入可能。楽天では膨大な生地が売られています。お勧めのショップさんをご紹介します。

ネットショップの場合、手触り屋風合いが判らないなどの難点がありますが、1m 売りしてくれるところ(ものによっては10cm単位)が多いので、少量生産に向いているかもしれません。


他にも、日本各地にある織物産地(丹後ちりめん:京都府、近江上布:滋賀県・・)の生地を活かして、オリジナリティの高い商品の企画も良いかと思います。

Share

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です